Research

本講座は、コンピュータビジョン(松下教授)、データセンタ運用管理(鮫島助教)の2つの研究グループで構成されています。

カメラやセンサデータを用いた実世界の3次元位置や形状の推定

コンピュータや車、ロボットの「眼」となる技術、コンピュータビジョンの研究をしています。特に画像からの3次元形状推定、最適化と機械学習、またそれらの実世界の物体やイベント認識への応用を目指しています。

 

データセンタにおける仮想マシン配置の最適化に関する研究

クラウドコンピューティングを支えるデータセンタのQoS (Quality of Service)改善、省電力化、障害回避を目的に、メタヒューリスティクスやデータマイニングを用いて、データセンタの運用を最適化する方法を研究しています。